新型コロナウィルス対策消毒液の作り方

マスク、手洗い、アルコール消毒が有効

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかからないためにも人込みなどは避けたいですね。司会どうしても外出しなければいけない時もあり、そういう時は手洗いやうがい、マスクをつけて、こまめにアルコール消毒をしたいですね。

手洗いうがいは家に帰ってきてからすることで問題ありませんが、マスクは人から白い目で見られないためにもつけておきたいです。

マスクは少量ながら入荷してます

当店も在庫確保のため卸会社にお願いしておりますが、メーカーも在庫がなくなかなか仕入れることができません。ここ最近は週一回くらいのペースで少量ですが卸会社からマスクが入荷しておりますので、当店をこまめに見ていただくと同時に、LINEに友達つかしていただいた方には優先的に情報を配信しております。友達追加の方法を記載しております。

↓ ↓ 友達追加お願いします ↓ ↓

友だち追加

アルコール消毒液の入荷は未定

アルコール消毒液の入荷は未定ですし、ここ数ヶ月入荷していないのも事実です。転売禁止項目に入っていないためなかなか在庫の確保が難しいです。

イソプロピルアルコール消毒液を自分で作ってしまおう

アルコールの中でもエタノールは値上がりが激しく手に入れにくいのですが、今のところイソプロピルアルコールというアルコールはほぼ定価で手に入れることができます。

70%あるいは50%に薄めたイソプロピルアルコールも消毒用エタノール同様新型コロナウィルスに有効(10秒で不活性化される)と言われています。

引用元 http://www.maruishi-pharm.co.jp/med2/product-answer97_3.html

必要なもの

イソプロピルアルコールはAmazonや楽天にて購入できます。当店には取り扱いがありません。Amazonあるいは楽天にて購入できます

ガレージ・ゼロ 純度99.9%以上 IPA(イソプロピルアルコール/2-プロパノール/イソプロパノール/2-プロパノール)4L/キャンセル・変更・返品不可(住所・数量・名前・支払い方法など変更不可)

価格:1,760円
(2020/3/13 22:54時点)
感想(12件)

精製水でもいいのですが、保湿効果のある化粧水がおすすめです

あとは化粧水とイソプロピルアルコールを入れる容器です。容器は念のためガラス製のものを選びました。

作り方

水(化粧水)とアルコール( イソプロピルアルコール )を50:50~30:70の間で作れば効果があると思うのでアルコールを少し多めの半分半分でガラス容器に詰めました

あくまで専門家の意見を聞いていない方法ですので、試される場合はご自身の調査と判断の上実践をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です